2008年05月01日

厳しい時期はずっとは続かない。

おはようございます!
今日はうす曇の愛知・・・でも、今朝も5時ごろから
ワンコたちのお散歩に行ってきましたよ。

早朝は空気がとても澄んでいて、本当に気持ちがいいです!
お散歩しているだけで、自然に感謝&幸せモードに入っているので
なんだかおかしくなったりします!^^


さて、今日は「厳しい時期」・・・これは、誰でも経験が
あると思うんですが辛いものですね。
人生は山あり谷ありです。時にはその谷がとてもとてつもなく
深く感じられるときもあります。その谷は自分たちの最も良い時
と比べると見劣りがします。


スランプにはまると、人の気分は落ち込みやすくなります。
今まで特定の収入を稼いでいたのに、売り上げが突然落ち込むと、
私たちは真っ先にその理由探しを始めます。


納税の時期だから。景気のせいだろう。ガソリンの値段が
上がっているからだろう。このように、いろいろな理由を
考えます。


しかし、上記の内容はすべてスランプの原因ではありません。
なぜなら、同じ厳しい状況にいても素晴らしい結果を出している
人もいるからです。


スランプの誘因は確かにどんなときでも存在するのですが、
最も大きなスランプの要因は以下のものです。


A: 変化、より良い結果を生む新しい方法の試みを嫌う姿勢。


B: 騒ぎ立てるのを止めて物事に新風を吹き込む代わりに、
   うまくいかない理由を喋っている時間が多すぎること。


自己憐憫のネガティブな話にたくさんの時間とエネルギーを
注いでいる人に注意を向けると、このような人が少なくない事実を
知り驚くことでしょう。


この人は何度も何度も同じ話を繰り返す代わりに、その同じ時間を
物事の改善のために使うこともできるのです。しかし、そうなると
この人の話はもう事実ではなくなります。だから、この人にとっては
自己憐憫の話を続ける方が良いのです。


しかし、それは違います。


厳しい時期や、スランプに陥ったときは、自分が望んでいる状況を
イメージすることでそこから抜け出すことができます。そして、
その状況を作り出すためならどんなことでも進んでします。


この間はポジティブな自己暗示のみをかけるようにします。
たとえば、「厳しい時期はずっとは続かない。挫けない人間は
勝ち残る。私は不屈の精神の持ち主だ」などのフレーズから
始めてみてもよいでしょう。


あるいは、自分にこう言うこともできます。
「マンネリ状態に陥ってしまったが、なんとかすることができる。
私はなんとかする。私に比べればこの問題などは取るに
足らないことだ。だから私なら乗り越えることができる」


意気込みを持ってこれらの言葉を何度も繰り返してください。
そして、あらゆる可能性があなたに開き始めることに注目して
ください。


スランプや停滞やマンネリを打破する方法をもっと詳しく
知りたい方は
http://www.drmaltz.jp/zrl/index.php?jvcd=15964を要チェックです。


Drモルツの12週間で自分を変えるイメージプログラム



ドクターモルツ | 成功するための思考法



posted by 愛 at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。