2008年04月28日

無料レポート「あなたの成功を妨害する7つのワナ パート4」

こんにちは。
小野です。

26日からお仕事がお休みなので、更新もかなりスムーズ(*^^)v
スムーズ過ぎて、今日は1日2回更新です・・・(^_^;)

夕方、親しい方と久しぶりにお会いし、楽しい時を
過ごしました。
「健康」についての有意義なお話も沢山聞くことが
出来て感謝でした!


さて、今回は無料レポートの4回目です。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
「あなたの成功を妨害する7つのワナ パート4」
BY 小野 愛―――――――――――――――――――――――――――――――――――

=======================================
秘密その5
虚栄心
=======================================

あなたは日頃こんなふうに思っていませんか?

・人からよく見られたい。
・人からスゴイと思われたい。
・人からカッコよく見られたい。
・人から綺麗に見られたい。


こういった心を虚栄心といいます。
虚栄心は人間誰しもが持っている根源的な欲求です。


しかし、この感情は時として成功の邪魔をしてしまいます。
いざ、何か新しいことにチャレンジしようとすると、
無様な姿を見せたくないという虚栄心が邪魔をして、
なかなか思い切った行動が取れません。


新しいことにチャレンジすると、最初は失敗して当たり前なのですが、
どうしても失敗する=カッコ悪い
といったイメージが先行してしまいます。


そして、一般的に年齢を積み重ねれば積み重ねるほど
これは大きくなっていく傾向があるようです。


本当は新しいことにチャレンジしてどんどん失敗することは
とてもカッコいいことなのですが、
成功するともっとカッコいいので失敗するのがカッコ悪いことだと
勘違いしてしまう人が多いようです。


では一体どうすれば、虚栄心という
この障害を取り払うことができるのでしょうか?


そして、人間の根源的な欲求である以上、
虚栄心をなくすことは現実的に無理です。
食べるな、寝るなということと同じことですから。


ここでちょっと考えてみてください。
虚栄心を原動力にして成功している人もいます。


こういった人と虚栄心が成功の障害になっている人の
違いは何だと思いますか?


虚栄心をうまく使って成功している人は
常に成功した後の楽しいことをイメージしています。


反対に成功の障害になっている人は
失敗する可能性の高い第一歩にばかり目が向いています。


そうです。
つまり目線が違うわけです。


虚栄心をうまく利用して成功するには
頭の中のイメージを塗り替える必要があるのです。
そうすることで虚栄心は成功への障害から
一変して成功への原動力に早変わりします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この無料DVDはあなたの成功を妨害する
虚栄心を成功への原動力に変えるためにはどうすればよいかを
教えてくれます。
DVDは人数限定での配布なので今すぐクリックしてください
http://www.drmaltz.jp/index.php?jvcd=15964~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次回配信するメールで、
無料レポート「あなたの成功を妨害している7つの障害」の
「パート5」をお届けします。
内容は以下のとおり。


ワナその6−失敗のイメージ

私たちは失敗は成功の元であるということを
知識として知っています。

にもかかわらず、失敗することをとても恐れてしまいます。
なぜでしょうか?

それは、、次回をお楽しみに!


さらに、次回以降も続きをお届けします。

ワナその7−最大のワナ、それは、、、


では、パート5でまたお会いしましょう!

小野

PS.
あなたと同じようにこのレポートに興味を持つ友人の方がいれば、
どうぞ自由に転送してください。


Drモルツの12週間で自分を変えるイメージプログラム





★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


posted by 愛 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。